■生理の前後にオリモノの臭いがきつくなるのは性病の症状?

 

・ 魚のような生臭い臭がする場合は?
・ 性病以外にもオリモノの臭いがきつくなる原因はある?

 

 

生理中には女性にはかなり多くのトラブルが考えられます。
特にオリモノに関しては気を使う人も多いと思います。

 

 

でもそのオリモノがとてもひどく匂い場合はちょっと気になりますよね?
場合によっては性病なのかも?と考えてしまうことも。

 

 

確かにオリモノの臭いがきつくなる場合は性病の症状としてはかなりメジャーで
病気を見極めるためにオリモノの確認をすることも多くあります。

 

 

そこで生理前後のオリモノが魚のように生臭い臭がする場合、これが性病の症状なのか
詳しく調べてみたいと思います。

 

 

まず性病と言っても全てが性行為で感染するわけではありません。
場合によっては性行為をしたことがなくても性病に掛かる可能性はあるのです。

 

 

それと性病の全てがオリモノに変化があるわけではないようです。

 

 

まずはオリモノに変化が見られない性病を確認してみます。

 

 

■症状の中にオリモノの変化が見られないもの

 

・ オリモノ以外の症状で判断する必要があるのがこちら
・ 症状が実感できない場合もあるので注意

 

 

まずは症状としてオリモノの変化が見られないタイプの性病を確認してみます。

 

 

○ 毛じらみ症
○ 尖圭コンジローマ
○ 梅毒
○ 性器ヘルペス

 

 

これらの性病は世紀周辺の痒みやイボのような出来物、排尿や性行為の時の痛みなどが
主な症状となっています。

 

 

オリモノの増加や異臭などの症状ではないのでこれらの性病とは考えにくくなります。
でも放置しておいていい、というものでもありません。

 

 

特に膣内だけではなく子宮に病原菌が到達することで不妊症になる可能性もある
という性病も含まれています。

 

 

これらの性病はほとんど投薬で治療することが出来て、完治させることも可能です。
生殖器周辺の痒みや痛みを感じた場合はきちんと病院で診察するようにしましょう。

 

 

■オリモノの異常が症状として見られる性病

 

・ 単純に異臭だけではなくオリモノの状態も変化することが多い
・ 性行為以外でも感染する可能性があるので注意

 

 

次に症状としてオリモノの異常が見られる性病を確認してみます。

 

 

○ 細菌性膣炎
○ カンジダ症
○ クラミジア感染症
○ トリコモナス膣炎、膣トリコモナス症

 

 

カンジダ症の場合は織物の量が増えて不正出血が起きることもあります。
ただし異臭がするということはあまりないので匂いだけの場合は他の性病の可能性も。

 

 

これらの性病の場合は悪臭がするのと同時にオリモノ自体にも変化があります。
黄色や白濁した濃度の濃いオリモノになる、乾燥してチーズのようになるなどの症状です。

 

 

性病の原因菌が膣内や子宮近くで繁殖しているためにオリモノに変化が出る
と考えられているようです。

 

 

それと細菌性膣炎やトリコモナス膣炎は性行為以外で感染することが多くあります。

 

 

特にトリコモナス膣炎の原因菌は水のあるところでは長時間生息できるので
公衆トイレでウォシュレットを使った時に感染するという場合も多くあります。

 

 

かなり稀なケースだとは思いますが、実際に報告された事例でもあります。
性行為以外で感染する可能性もあるのでオリモノの変化には注意しておきましょう。

 

 

■実は性病ではない?細菌性膣炎の原因

 

・ 強烈な悪臭のオリモノはこれが原因の可能性も高い
・ 膣内の細菌バランスが崩れると起きる

 

 

性病として認識されていることも多い細菌性膣炎ですが性行為で感染することは
ほとんど無く、原因菌も普通に人体にある細菌の1つなのです。

 

 

魚のような生臭いオリモノになることが有名で生殖器周辺の痒みなどの症状よりも
匂いで気がつく方も多いと言われています。

 

 

この臭いを発する原因になるのは膣内に元からある細菌の1つと考えられています。
それが生活習慣やストレスなどで異常繁殖してしまうことで発症するのです。

 

 

本来は膣の内部に消臭のための細菌もいるので通常は匂いを発することはないのですが
ストレスやホルモンバランスの影響で細菌の数が変わってしまうと発症します。

 

 

つまり予防策としては規則正しい生活をしてデリケートゾーンを清潔に保つことが
一番効果的と言われています。

 

 

初期段階の治療では膣洗浄をする場合も多く、膣内の細菌バランスを整えることで
オリモノの臭いをなくすことが出来るようになります。

 

 

それにオリモノの匂いだけではなくデリケートゾーンには他にも匂いに関する
コンプレックスとなるものがあります。

 

 

膣の周辺を清潔に保つことは臭いの対策としてはかなり重要なのできちんと
ケアをするようにしましょう。

 

■臭いの原因はオリモノだけじゃない?すそわきがって何?

 

・ デリケートゾーンが臭うのには他に原因がある?
・ 性病と見分ける方法とは?

 

 

性病の中には生理中のオリモノが強烈な匂いを発するようになるものがありました。
でも当然それはオリモノの臭いです。

 

 

生理中ではなくても生殖器周辺に匂いを感じる場合は性病とは違う臭いの原因が
あるのでしょうか?

 

 

更に調べてみるとすそわきがという症状を見つけました。
これはワキガと同じようにデリケートゾーンが臭いを発することのようです。

 

 

原因もワキガと同じようなので臭いはワキガにそっくりと言われています。
これは性病ではないので病気とは関係なさそうです。

 

 

でもワキガと同じようにかなり強烈な匂いが出る場合もあるので悩みに感じている
という方も多いようです。

 

 

どちらの場合も匂いに関する悩みでは一緒ですが対処方法が違うのできちんと
見分ける必要があります。

 

 

性病とすそわきがの見分け方を確認してみましょう。

 

 

■すそわきがの原因を調べてみる

 

・ 基本的な原因はワキガと一緒
・ 遺伝ですそわきがになる人もいる

 

 

まずはすそわきがの原因を調べてみました。
基本的にはワキガと同じ原因で匂いを発するようです。

 

 

ワキガの原因と考えられているのが脇の下にあるアポクリン腺とエクリン腺です。
この2つの汗腺から出る汗が混ざり、そこに雑菌がつくことが原因と言われています。

 

 

汗に雑菌がついて繁殖することで匂いが出てしまうのです。

 

 

特にアポクリン腺から出る汗は雑菌の繁殖がしやすく、こちらが大きな原因を
考えられているようです。

 

 

どちらの汗腺も普通にあるものですがアポクリン腺は人によって数が変わります。
これが多くなるとワキガになる可能性が高くなります。

 

 

ちなみにアポクリン腺は遺伝でその数が変わると考えられています。
その為に家族や親戚にワキガの方がいるとワキガになる可能性も高くなるのです。

 

 

すそわきがも原因はワキガと一緒なのでデリケートゾーンの周辺から臭いが出る
という場合にはこちらを疑って見る必要があります。

 

 

■すそわきがの見分け方とは?

 

・ 自分で確認することが出来る?
・ パートナーが居る人は頼むという方法も

 

 

では実際に自分がすそわきがなのかを知るためにはどうすればいいのでしょうか?
自分でできる見分け方を調べてみました。

 

 

すそわきがの場合はアポクリン腺から出る汗が多くなるという特徴があります。
アポクリン腺からの汗は黄色く濁っているという特徴があります。

 

 

そこで脇の下や下着に黄色い汗ジミが出来るようならワキガやすそわきがの
可能性が高いといえます。

 

 

それに脇の下やデリケートゾーンと同じようにアポクリン腺が多く集まっているのが
耳の中です。

 

 

耳垢が湿っていて粘り気がある場合もアポクリン腺からの汗が多いと判断できます。
この場合もすそわきがの可能性は高いと判断できます。

 

 

更にアポクリン腺の多いところは乳首の周りです。
こちらからも臭いが感じられるならやはり他の部位でも匂いが出ている可能性が・・・

 

 

一番確実な方法としては他の人に実際に臭ってもらって確認することです。
パートナーに確認してもらえばすぐに判断することができます。

 

 

でも他人に臭いを嗅いでもらうのはかなり恥ずかしく、実際にすそわきがの場合は
そのダメージもとても大きくなります。

 

 

できれば自分で判断する方法をおすすめします。

 

 

■すそわきがを治すためにはどうすればいい?

 

・ 手術などの方法が根治治療のためには必要
・ 臭いを出さないためのセルフケアも可能

 

 

では実際にすそわきがと判断できた場合にはどうすればいいのでしょうか?
性病のように治療をすることが出来るのでしょうか。

 

 

基本的にはワキガと同じなので根治治療をする場合には手術をするということも
できるようになっています。

 

 

またワキガの治療方法の中にはすそわきがにも使えるものがあります。
美容整形外科で行っている治療をすることも出来るのです。

 

 

メスを使わずに針と超音波を使ってアポクリン腺やエクリン腺を破壊するという
治療方法もあり、こちらは多くのクリニックで利用することができます。

 

 

ただしこれらの方法でも完全に臭いをなくすことが出来ない可能性もあります。
臭いが再発する場合もあるのでかならず治るとは言えないのが現状です。

 

 

更にこれらの方法はかなり高額な治療費がかかるというデメリットも有ります。
少なくても10万円、高いものだと50万円ほどの治療費が必要です。

 

 

それよりもコストを安くするなら自宅でも出来るセルフケアで臭いを抑える
という方法もあります。

 

 

汗をかいてもそこに雑菌がつかないようにすれば臭いを発することがありません。
臭いを出さなくすることは自宅でもできるようになっています。

 

 

自宅で出来るケア方法なども確認してみましょう。

 

■自宅でできる臭いを防ぐ対策とは?

 

・ デリケートゾーンの臭いを防ぐために自宅で出来ることは?
・ 洗い方を間違えると逆効果になる?

 

 

ワキガやすそわきがの原因は汗とそこで繁殖する雑菌です。
それならば雑菌を繁殖させなければ臭いを出すこともないはずです。

 

 

雑菌の繁殖を防ぐためには体を清潔に保つこと。
これが自宅できちんとできれば臭いを出すこともなくなるはずですよね。

 

 

そこで自宅で出来る対策としてデリケートゾーンをきちんと清潔に保つこと
これをすることができれば十分なニオイ対策をすることができます。

 

 

それに原因はワキガと一緒なので、実際にワキガ対策として市販されている
デオドラント商品の中にはすそわきがにも効果が期待できるものがあります。

 

 

これらを上手に使うことでセルフケアをきちんとできるようになっています。

 

 

ただしすそわきがの場合は肌の中でもかなり敏感なところを清潔にすることが
必要となります。

 

 

そのために洗い方などを間違えると雑菌が繁殖しやすくなります。
セルフケアが逆効果になる場合もあるのです。

 

 

正しく自宅でケアする方法を確認してみます。

 

 

■刺激の強い洗剤は肌荒れの原因?

 

・ 肌の敏感な所は専用洗剤を使うのがおすすめ
・ 肌荒れを起こすと臭いだけじゃなくかゆみやかぶれの原因にも

 

 

清潔に保つことができれば雑菌の繁殖がなく、臭いを発することもありません。
でもすそわきがの対策の場合はちょっと注意が必要になります。

 

 

臭いが出てしまうところがデリケートゾーンなので、あまり洗浄力の高い洗剤では
肌を痛める原因となる場合もあるのです。

 

 

ボディソープや石鹸の中には洗浄力を高めているものも多くあります。
確かに雑菌をなくすために洗浄力も必要になります。

 

 

でも高い洗浄力の洗剤には肌を痛める成分も多く、特にデリケートゾーンは
肌が弱いので刺激が強くなりすぎる可能性もあります。

 

 

それに洗浄力が高過ぎると肌の乾燥を招いてしまい、かゆみやかぶれの原因に
なってしまうことも・・・

 

 

最近ではデリケートゾーン専用の石鹸なども取り扱われています。
できればそれを利用してきちんとケアすることをおすすめします。

 

 

■洗いすぎにも注意が必要

 

・ 洗剤を使わなくても洗いすぎには注意
・ 肌の常在菌を上手に使う

 

 

洗剤を使う場合は肌にあっている商品を選ぶことが必要です。
でも洗剤を使わなくても洗いすぎには注意が必要になります。

 

 

最近はシャワートイレもかなり普及していて、公衆トイレでもビデを使える
という所はかなり多くなっています。

 

 

女性の場合は特にビデが使えると嬉しいのですが、これを使いすぎてしまうと
臭いの原因になる場合もあるのです。

 

 

元々人間の肌には常在菌と言われる細菌が多くいます。
この常在菌の中には臭いのもととなる雑菌を取り除いてくれるものも含まれています。

 

 

通常汗を大量にかいてもそれほど臭くならないのはこの常在菌が臭いの原因菌を
取り除いてくれているからです。

 

 

でも常在菌は水洗いをするだけでも80%近くがいなくなってしまいます。
洗剤を使った場合は更に多くの常在菌がいなくなります。

 

 

常在菌は自然に元通りになりますが、体調や状況によってそのスピードは変わります。
常在菌がもとに戻るまでは臭いに関しては無防備になってしまうのです。

 

 

ビデを頻繁に使うことで常在菌が常に少ない状況になってしまうので臭いの予防としては
逆効果になる可能性が高いといえます。

 

 

常在菌も上手に利用してニオイケアをしましょう。

 

 

■おすすめのデリケートゾーン専用洗剤はこれ!

 

・ 天然素材の洗剤で肌に優しい
・ 消臭成分も含まれていると効果的

 

 

デリケートゾーンは肌が弱いのできちんと清潔にするためには専用の商品を使うのが
おすすめできる方法です。

 

 

肌の敏感な所に利用できる、天然由来成分で作られているもの。
更に肌に刺激となる合成成分ができるだけないものがおすすめです。

 

 

洗浄力はある程度は必要ですが、それよりも泡立ちのいいものを使ってその泡で
洗うほうがより肌へのダメージが少なくなります。

 

 

それとニオイ対策のケアをするので消臭成分が配合されているとさらに効果的です。
できれば消臭成分も天然由来成分なら肌への負担が気になりません。

 

 

ちなみに私が使っているのはシェリーケアという商品です。
デリケートゾーン専用ボディソープです。

 

 

泡立てるのにはネットなどの利用が必要ですが、天然由来成分で出来ているので
肌にかかる負担はかなり少なくなっています。

 

 

柿タンニンという天然の消臭成分も配合されていてニオイ対策としてもバッチリです。

 

 

すそわきがは自宅でのケアをするだけでもかなり臭いを減らすことができます。
臭いを悩みに感じている方は是非これらの商品を試してみてください。